第 462回目
Guest : 西村瑞樹
0

若林のトーク
名古屋で、ゼヒラー・石黒さんと地下アイドルを初体験
  • (地下アイドルは)ラグビー部とサッカー部が公式戦が入ってて居ない文化祭

  • あ、ほら。暗くなった。くるよ。流れるよ、ハッピーバースデーがどうせ。ほら真っ暗。はいはい。ロウソクが見えてきました。

  • メディアは仲良くしなきゃダメ。俺が言うことじゃないけど。三流芸人が。

  • 「スタジオ入り直前。若林はシガーの煙をくゆらせながら、作家と談笑していた」

  • 春日ってビルパン一丁なんだよね? 裸見えないじゃん。乳首見える? 見えないじゃないか! じゃあ、立て! 丸太見えてる? 変えろ、置く場所!

  • (放送ルームから見える、東横インにリトルトゥースがいたら) 部屋の電気を点けたり消したりしてほしい。

  • 歯が減る。ラジオを毎週やってると。

春日のトーク
一宮ライブ開催・CBCラジオから生放送
  • 火のゆらめきってさー、1回たりとも同じものはない。焚き火ってさー、一期一会じゃん(西村瑞樹)

  • キャンプには男としての野性味をチャージしに行く

  • 焚き火はすべてを燃えつくしてくれる (西村瑞樹)

  • 家で見るのと外で見るの、全然違うよ。キャンプで『ウォーキング・デッド』見たら、むちゃくちゃ怖い。 (西村瑞樹)

  • え、どこが暗いのよ? 照明1個も変わってないし

  • もういい、俺1人で書く (小峠英二)

  • なんかいいねえ。ラジオブースで全裸ってなんかいいねえ。いけないことしてる感じだな。

  • (父親は)死んだように生きてないよ。ハツラツと生きてるよ、毎日

  • スベったら山に行く、西村瑞樹

  • 「いこうぜ!」みたいなもんだよね。気合を入れるための。演者の悪口は。「しまっていこうぜ!」みたいな。